コンテンツ一覧

不妊症について、基礎知識をここで紹介していますので、不妊症に興味がある人や、疑問を持っている人は、是非参考にしてみてください。不妊症と言われる定義とはなんなのか?不妊症になる原因は、男女ともに可能性を持っている事、不妊症の検査方法や治療への道のりなどを、詳しく紹介していきます。

もしも、自分たち夫婦は不妊症なのではないか?と思っている人は、女性側、男性側の原因や検査方法などをココで確認して、病院へ検査に行くきっかけにしてもらえればと思います。不妊症を疑っているけれど、どうしたらいいのか分からない時も、不妊症かもしれないと思った時どうしたらいいかという事を、提案していますので、参考にしてください。

女性と男性のどちらかに不妊の原因があるのであれば、まずは両者ともに検査を受けてみなければ分かりません。最初にどちらか一人が検査に行くのもいいのですが、やはり一緒に同じタイミングで検査をすることが、ベストなのではないでしょうか。その際に不安にならないために、病院ではどのような検査が行われるのか、少しずつですがこちらでご紹介していきます。

男性の検査、女性の検査、どちらも行う検査など、様々な検査内容とそれで分かることなどを、お伝えしていきます。原因をはっきりさせて、今後の治療に活かしていく為の検査なので、不安や怖いという気持ちを少しでもラクにしてもらいたいなと思っています。是非これを機会に夫婦共に検査を受けてみてください。

精子形成異常、性行障害、精子路異常という大きく分けてこれだけの障害や異常があります。その中でさらに細かく症状が分類されていますので、男性不妊の原因というのはとてもたくさんあることが分かります。精子の数がとても少ない場合は、受精する事が難しく、不妊になってしまいます。

精子は睾丸の大きさを見ると、どのくらい生成されているのか、分かります。明らかに小さな睾丸の場合、精子がとても少ない可能性がありますので、自己チェックも出来ます。そのほかに性行障害による不妊も紹介しています。精神的な問題でEDになってしまった場合や、短小陰茎によって性行がうまくいかないという状況があります。男性不妊を知るきっかけになってもらえればと思います。

女性の不妊には、卵巣や卵管に異常がある場合があります。卵巣の機能が低下していることや、卵管が詰まってしまっているなどの状態です。こうなると精子が受精したくても、道を進むことができずに妊娠までの道が途絶えてしまうのです。そのほかにも排卵自体に異常があることもあります。

無排卵の状態だった場合、いくら精子が入ってきても卵子が無い状態なので、妊娠することはできません。排卵がスムーズに行われないこともあり、正常な排卵ができなければ不妊の原因になることが分かります。子宮筋腫やポリープ、子宮内膜症などの病気が原因で、不妊になることもあります。膣が炎症を起こしていることで、不妊の原因になることもありますので、注意しておきましょう。

  • 排卵治療
  • タイミング療法
  • ホルモン薬を摂取する
  • 人工授精
  • 体外受精
  • 顕微授精

病院で出来る不妊治療はどのようなものがあるのか、いくつかご紹介しています。主に多くの人が行っている不妊治療をお伝えしていきますので、参考にしてみてください。女性に原因がある場合、排卵治療が行われます。排卵機能が低下していたり、無排卵になっていたりすると妊娠できませんが、そこを改善できるように治療していくことで、妊娠が期待できるようになります。

また、排卵日をかなり正確に予測して、タイミングを合わせて妊娠を待つ方法や、不妊の原因となっている障害などに効果のある、ホルモン薬のお話などもしています。そのほかに、人工授精、体外受精、顕微授精が出来る対象や、その方法などについても、細かく説明していますので、参考にしてみてください。

  • 鍼灸療法
  • 漢方薬療法
  • ハーブティーで妊娠しやすい体に
  • サプリメントを活用
  • 生活習慣の見直し

鍼灸療法で、不妊の改善ができると言われています。実際にハリの力で卵子を若返らせることができ、自然妊娠をしたという人もいるくらいです。そのほかに、漢方薬を飲んで妊娠しやすい体を作る方法などもありますので、医師と相談しながら漢方薬を飲んでみるのもいいでしょう。

同じようにハーブティーにも不妊改善の効果があると言われています。特に人気があるのは、ルイボスティーというお茶です。卵子の質を上げることが出来ると言われているので、女性からとても支持を集めています。また、サプリメントで不妊の改善が期待できるマカなどを、積極的に取り入れていくのも良い方法でしょう。最終的には生活習慣をしっかりしたものにするのが、1番の根底かもしれません。

胎児の先天性リスクを低減してくれる栄養として、「葉酸サプリ」の摂取を厚生労働省が推奨しています。そして、その摂取は妊娠する前からが理想とされています。

(参考)妊娠前に葉酸を摂取する意味と摂取量

そのため、不妊治療を行っている間は、いつ妊娠しても良いよう、毎日葉酸サプリを摂取するのが望ましいです。これから不妊治療を頑張って、赤ちゃんを授かるのですから、リスクを減らすためにも、しっかり葉酸の摂取を心がけていきましょう!

(参考)葉酸サプリの人気ランキング

当サイトについて

不妊症かもしれないと不安になっている人たちへ伝えたいことを書いています。不妊症に関する基礎知識となる、不妊症の定義や原因、検査の方法や治療法などをご紹介していきます。さらに細かく検査の内容や不妊治療の内容をご紹介しているので、どのような方法で行われているのか、参考にしてもらえればと思います。

また、不妊の原因は男性にも女性にもありますので、どちらにどのような原因があるのか、ここでお伝えしていきます。当てはまりそうな事や、身に覚えのあることがあれば、検査を受けましょう。人工授精、体外受精、顕微授精についても詳しく書いていますので、どんなものなのか見ていってください。

その他に病院ではなく自分たちで出来る、鍼灸や漢方、サプリメントなどでの不妊改善方法を提案しています。