増加傾向にある男性側の不妊理由

男性の不妊症というのは、どのような原因があるでしょうか。不安を感じている人は、当てはまる節があるかどうか確認してみましょう。

主な男性不妊の原因

性機能障害

勃起不全(ED)という言葉は知っていますか?男性が性交渉の際に勃起することが難しくなることです。また、勃起をしたと思っても維持することができずに、性交渉がうまくいかないという問題です。

それに伴って、膣内射精障害という膣内での射精が難しい状態になってしまい、子供を作る第一段階をクリアすることができないという原因があります。

(参考)EDとは?~定義、症状、分類、原因~

造精機能障害

無精子症というとても重篤な状況にある障害があります。精液の中に精子が1匹も入っていないという状況です。乏精子症は造成機能障害の中で、少し精子はある状態ですが、やはり精液の中にはとても少ない数の精子しかいない状況です。

(参考)男性不妊と造精機能障害

精子無力症

精液の中にいる精子の数は十分なハズなのですが、精子の運動能力が著しく悪い状態の事を言います。精子が運動でいていなければ妊娠への道は険しいものになります。

先天性異常

生まれつきの原因で、先天性精管欠損という原因があります。先天的に精管がないので、精子が精巣の中に留まったまま閉じ込められた状態です。

男性が不妊の原因を持つとどうなる?

色々な原因がありましたが、主に男性不妊の90%は造精機能障害が原因になっています。男性が射精をしたときには、通常であれば精子が数億匹出されます。そして女性の子宮の中で精子の99%は死滅していきます。

子宮内にいる精子は数十万匹以下になりますので、その後に卵子に行きつくことができる精子はとても数少ないものになります。

男性に不妊の原因があると、射精をしていたとしても、精子がなければ妊娠はしませんし、精子に元気がなければ、卵子までたどり着くことは出来ないのです。ですから、女性に何も問題がないというときには、男性不妊を疑ってみるといいでしょう。