不妊治療にかかる費用

不妊治療をしてみたいと思っていても、どの程度の費用が必要なのか、不安ですし、とても高いのではないか?と考えるでしょう。不妊治療のテレビ番組やネットでの情報を見ている人は、とても高額な治療だと思っていることでしょう。

実際には、不妊治療には色々な種類の治療法があるので、その費用も治療法によって異なります。ですから、高いというイメージだけで、不妊治療を遠ざけてしまうのではなく、ここで不妊治療の一般的な費用を、チェックしてみて、考えてもいいのではないでしょうか。

治療法別の費用

人工授精

病院によって治療費が異なってしまうのですが、基本的に1万円~3万円程度といった費用で、人工授精の治療を受けることができます。

体外受精

初めて体外受精の治療を受けると、およそ30万円の費用が必要になります。1度ではなく何度も繰り返し治療を行うと、費用は少しずつ減額されていきます。

顕微授精

1度の顕微授精には、およそ40万円の費用が必要になります。減額されることはなく、毎回40万円が必要になります。

助成金を利用すれば負担軽減になる

実は、不妊治療には助成金という制度があります。なぜ助成金が貰えるのかと言いますと、厚生労働省が少子化対策として、妊娠、出産をたくさんの女性にしてもらいたいと考えたからです。

体外受精や顕微授精というのは、病院で利用できる保険治療の保険は適用されません。いわゆる保険外診療というものです。この治療法は特定不妊治療と呼ばれていますが、助成金を利用できるのが、この特定不妊治療なのです。

助成金の支給資格とは

特定不妊治療をしなければ、妊娠する見込みがないと医師が診断をした、婚姻関係のある夫婦が支給対象になります。つまり、高額な治療を絶対的に必要とする夫婦に、支給されるものです。

給付金内訳

1年間で1回の治療に対して15万円、2回目まで支給可能。5年間もらう事ができる。

所得制限額

夫婦の合算所得が、730万円までの場合。

上記の条件は、厚生労働省が提示しているものですが、住んでいる自治体によって、金額や支給資格に相違があることがあります。詳細は、自分の住んでいる地域の、特定不妊治療の助成金で、調べてみましょう。

(参考)不妊に悩む夫婦への支援について(厚生労働省)