免疫異常検査

免疫異常検査をすることで、不妊の原因が体にある免疫力の働きかもしれないという所を、調べることができます。不妊には色々な検査がありますが、免疫異常が原因となれば抗体検査を実施して、妊娠をしやすくする治療をすることも可能になります。

難しい言葉に聞こえますが、免疫というのは体の中に異物が入ってきた時に、それを排除してくれる力を持つものです。しかし免疫異常が起こっていると、正常な体内の細胞などを、免疫の力で排除しようとしてしまうのです。

つまり、妊娠をするのに必要不可欠な、卵子と精子のことも、異物と判断して免疫力が働きだしてしまい、排除しようという力が加わってしまうのです。このような異常があるかどうかを知ることで、妊娠への治療法が決まっていきます。

抗精子抗体検査

免疫抗体というものが、精液、精子に存在しているのかどうかを調べる検査です。抗精子抗体検査という名前ですが、男性が検査をするのではなく、女性の体内で検出される抗体なので、女性の頸管粘膜や血液を検査して判断します。

男性が不妊検査をする際には、男性の血中を検査して、抗精子抗体があるかどうかを調べることもあります。

(参考)抗精子抗体とは?原因や症状、検査法は?陽性でも自然妊娠可能?

卵巣抗体検査

卵巣は卵子や卵胞を自ら生成する器官です。その卵子や卵胞に免疫抗体があるかどうか、判断する為の検査になります。免疫抗体が存在すると、無排卵になっている事があり、受精卵になったとしても、着床が難しくなります。

APTT検査

受精卵が着床しにくい場合や、妊娠の継続がなかなかできないという場合、抗リン脂質抗体の存在を疑います。APTT検査によって、抗リン脂質抗体の有無を調べることができ、その後の治療法に活かしていきます。

このように、免疫異常不妊の検査というのは、自ら持っている免疫が異常な働きをしているかどうか?精子や卵子が免疫抗体を持っているかどうか?という点を調べることになります。