卵巣や卵管の異常

女性の不妊には卵巣や卵管に異常が出てくる場合があります。卵巣と卵管が健康でなければ、丈夫な卵子は生まれてこず、受精が難しくなってしまいます。

とても不安な事かもしれませんが、卵巣や卵管にどのような異常が出てきたら、不妊の原因になるのか、確認していきましょう。

卵巣異常の症状

卵巣欠如

本来卵巣は左右に1つずつありますので、2つ持っていることになります。しかし、卵巣が1つしかないという状況にある人もいます。例えば胎児の時の発達障害によって生まれつき卵巣が1つだけしかないという場合。

ですが、卵巣というのは1つだけでも機能を果たしていれば、妊娠するだけの力を持っていますので、不可能ではありません。ただ、卵巣への負担が2つある人と比べると高くなります。

卵巣腫瘍や卵巣がん

卵巣の病気によって卵巣を切除する事になった場合、妊娠は不可能になります。卵巣腫瘍というのは、ほとんどの場合が、「卵巣嚢腫」という良性の腫瘍なので、卵巣の摘出まで行かないことが多いです。

しかし卵巣がんは、悪性の卵巣腫瘍なので、卵巣そのものを摘出する事になり、妊娠の可能性が消えてしまうことになります。

卵管異常の症状

卵管欠如や発育不全

卵管というのは、卵巣と同じく2つあるのが本来の状態です。しかし卵管が1つしか存在しないことが稀にあります。しかし1つでも卵管の機能が正常であれば、妊娠の可能性はあります。

卵管が発育不全で未発達状態の場合は、受精卵を成長させることができないので、妊娠が難しくなります。

卵管腫瘍

病原菌による卵管炎が起きてしまったり、炎症によって卵管の腫瘍ができることがあります。そうなると、精子が入ってきても受精がスムーズに行えなくなり、不妊の原因となります。

卵管の刺激や炎症というのは、症状が出にくいので、気が付きにくいのですが、放っておくと悪化していき、いずれ腫瘍へと変化してしまうことになるので、不妊の兆候があれば検査をしてもらいたいと思います。