排卵異常

排卵の異常が原因となって、不妊になる女性がいます。排卵は女性にとってとても身近なものなのですが、そこに異常が出てくる人が増えています。どのような排卵異常の症状があるのか、ここで確認していきましょう。

排卵異常の症状

無排卵

卵巣の中で卵胞は育っているのですが、卵子が排出されることが無い場合や、卵子の育ちが悪いという状態の事をいいます。無排卵というのは、その名の通り排卵日にも、卵子が排卵されないわけですから、不妊の大きな原因になります。

無排卵の原因は、加齢で卵巣機能が低下することや、甲状腺の病気、副腎皮質などが関係してきます。

多嚢胞性卵巣症候群

最近若い女性に多いのが、多嚢胞性卵巣症候群という病気です。卵巣を覆う膜が厚くなることで硬い状態になってしまうことを言います。卵子が排出されにくい状態になってしまうので、不妊に繋がる原因とされています。

なぜ多嚢胞卵巣症候群になるのかというと、黄体ホルモンLH、卵胞刺激ホルモンFSHというホルモンバランスが乱れている事が原因になります。排卵に必要となるホルモンが少ないということです。

生理不順になる事が多い場合は、多嚢胞卵巣症候群の可能性があるかもしれません。

視床下部性排卵障害

視床下部というのは、排卵をコントロールする働きをもっています。視床下部が障害を負うと、卵子がうまく排出できなくなります。視床下部の障害というのは、ストレスが大きな原因を占めている事が多いのですが、その他にも栄養疾患によって異常を引き起こすことがあります。

排卵をするときや、卵巣を育成するために必要な分泌物である、GnRHの数が減少していくので、視床下部に障害があると排卵障害へ繋がってしまうのです。

このように、排卵障害というのは、もしかしたら身近なものなのかもしれません。生活習慣が乱れていたり、ストレスによって引き起こされる排卵障害もあることから、不妊を改善する可能性も大きいですが、原因を持っている可能性も多いと言えます。