膣や経管の異常

女性の不妊の原因の1つとして、膣や頸管の異常というものが確認されています。どのような原因があるのか、細かくチェックしていきましょう。

膣異常

膣炎

病原菌が侵入したことによって、引き起こされるのが膣炎です。その名の通り、膣が炎症を起こしてしまうもので、自覚症状として「おりものの量が増える」「おりものの臭いがきつくなる」というものがあります。

場合によっては、酷くなると、かゆみが出てきたり、出血を起こしたりもしてしまうので、おりものの異常を感じたら、膣炎を疑って病院へ行くのがいいでしょう。

膣欠損

膣壁という部分が狭くなっている事で、月経の際に経血が排出しきれないという事があります。狭くなっている、癒着しているという状態であれば、すべての経血を排出できなくなるので、痛みを感じてしまう事もあります。

放っておくと、不妊の原因になりますので、月経時の痛みや経血の異常に気が付いたら、病院を受診してみてください。

膣痙

性行をしている際に、膣が痙攣してしまい、射精できなくなってしまうので、不妊に繋がってしまう症状です。自分の思いとは関係なく、勝手に痙攣してしまうので、厄介です。

主な原因はストレスや外部刺激などによるものなので、原因を突き止めて処置をしていけば不妊の改善は見込めます。

頸管の異常

頸管炎とポリープ

子宮頸管に炎症ができて、ポリープになってしまうことがあります。大きなポリープや、数が多いポリープの場合は、精子が卵管に入る事が難しくなってしまうので、不妊になってしまう原因になります。

頸管粘液分泌不全

子宮頸管には、精子が卵管へ行くまでの道のりを手助けするために、分泌液を出す役割があります。しかし粘液が分泌されなかったり、分泌量が減ってしまうと、卵管まで精子がたどり着けなくなってしまい、不妊になってしまう事があります。

分泌の異常というのは、卵胞ホルモンが減少していることなどが原因になっています。